Read Article

縁側市~秋~開催レポート

11月5日、和空間 多豆の『縁側市~秋~』は気持ちのいいお天気の中開催することができました。秋の日差しの中、たくさんのお客様にお越しいただきました。

縁側市~秋~の見どころ

  • 手作り雑貨の販売
  • 食べもの販売
  • 4つのワークショップ

手作り雑貨の販売は、多豆の和室1室にて。
通常、多豆のコワーキングスペースに並んでいる雑貨よりも多い品揃えに来ていたお客様も熱心に見入っていました。
作家さんによっては会場にいらっしゃる場合もあるのでお話を聞くこともできます。
和室の 柔らかい畳の上でゆっくりとみることができます。

庭では食べ物屋さんと並んで、「ももはる」さんの手毬のブローチやヘアゴムなどのアクセサリーを販売。ももはるさんがいらっしゃったので実際に作っている様子も見られました。なかでもバラのモチーフが人気のようです。

「snow island‐hand knit‐」によるレジンアートのワークショップでは、参加していた女の子がとっても素敵なヘアゴムを完成させていました。世界に1つしかない自分だけのキラキラしたものが作れるなんて楽しそう。

リラグゼーションつくしさんとハーバルセラピスト福嶌歩さんによるワークショップは多豆の縁側で行われ、暖かい日差しを感じながら、みなさん気持ちよさそうにしていました。
見ていたらやってもらいたくなっちゃいますね。
というわけで、私もハンドトリートメントを受けさせてもらいました。
オリジナルブレンドのハーブティを飲みながら、片腕ずつ丁寧にトリートメントをしていただき、とっても気持ちよくて途中ウトウトしまいました。

 多豆の庭では食べものの調理販売がありました。

ほっkuriさんの鶏だんご汁は食べると思わず「ほっ」とする味。COCOさんの「しゃくし菜チーズ」は焼き上がりを待つ順番待ちの人気ぶりでした!
晴れていても空気の冷たい秋、温かい食べもので心も体もぽかぽかになりますね。

今回いらしたお客様は多豆へ初めて来たという方が多かったです。これを機会にまたのお越しをお待ちしております。

Return Top