Read Article
宿泊予約はこちら

 

新型コロナウィルス感染リスク対策

新型コロナウィルス感染リスク対策

「町住客室 秩父宿」は、お客様が安心して滞在できる新型コロナウイルス感染リスクに対して以下のように対応します。

1.「3密」状況を作らない
2. 衛生管理の徹底
3. お客様とスタッフの健康管理確認の徹底

1.「3密」状況を作らない

・「換気が悪い密閉空間」を作らないよう、換気の徹底と密閉を防ぎます。(普段一緒に生活している以外の人との接触機会)
・「人が集まって過ごすような密集場所」を避けて滞在できるだけの十分なスペースがあります。
・宿に関しては皆様に宿泊名簿へのご記入をお願いしているので「不特定多数の人が接触するおそれが高い密接場面」という状況は発生しません。

2. 衛生管理の徹底

・スタッフ、お客様共に、手洗い、うがい、マスクの着用など衛生管理の徹底。
・玄関、キッチン、コワーキングスペースなどに、アルコール消毒液を設置し、当館ご利用のすべてのお客様に、アルコール消毒のご使用をお願いしております。
・建物玄関で外履きは脱いでいただきます。
・テーブル、カウンターなどはもちろん、特に手が触れる部分(ドアノブ、手すり、リモコン、スイッチ類など)をアルカリ電解水で除菌清掃しております。

 3. お客様とスタッフの健康管理確認の徹底

・チェックイン時に健康状態(検温)と海外渡航歴の確認をさせていただきます。また、発熱など体調に異変が生じている場合は、ご宿泊をご遠慮いただく場合がございます。
・出勤時にスタッフの健康状態の確認を行います。

宿泊施設の責任

「町住客室 秩父宿」では、新型コロナウイルス感染予防及び拡散防止による衛生管理のより一層の強化に努めてまいります。完全に終息するまでにはまだまだ時間がかかります。精神的にストレスがたまってしまっている方もいるかと思います。そんな方々が束の間の癒しを求めてお越しになれるような場所でありたいと願っております。お互いに疑心暗鬼になってしまうのは今の状況下、どうしても仕方のないことだと思います。私どもはお客様を受け入れる立場として責任を持って健康状態の確認をさせていただきます。ご理解ご協力をいただければと思います。

宿泊施設の価値

このコロナ禍で、オンラインで遠隔地でのミーティングや仕事ができる環境が急速に整い、時間や金銭の効率的な活用に焦点が当てられる中、リアルに自分が移動する、人と会うことに対して今まで以上の価値が求められはじめています。本当に秩父に滞在する価値があるのか。自分は何を求めて秩父に行くのか。人それぞれのその答えにお応えしていくことが今後の私たちにできることだと信じています。お客様が秩父に滞在することが有意義になりますように最大限努めて参ります。

Return Top